検索
  • FLAPS life×work office

9/2週 働いたら負けだと思っていた頃;門前仲町のマレーゴさんに教えてもらったこと

最終更新: 2019年9月13日

9/2週 【今週の活動日誌】

■月曜

前日から千葉へ宿泊。研究開発1年目フォロー研修に登壇。論理一辺倒のプレゼンと、情動を伴ったストーリーのプレゼンを比較体感することで、相手目線とは何かを習得。同時に受講生から様々な質問をもらいその場で議論。結論、学生の期待は論文の提出本数。会社の期待は価値の提供。この2つが明確になったことで悩みが晴れたとの声が多く挙がった。

■火曜

午前中、研究開発1年目とそのメンターの初顔合わせ研修に登壇。タックマンモデル×成功循環モデルを用いたオリジナル理論でチームビルディングを展開。チームビルディングの体感演習にヘリウムリングを実施。成功にはお互いい言いたいことが言える自己開示が不可欠だが、無意味な掛け声;何事においても「オイ!」という、を設定したチームが圧倒的に強かった。新しい発見になった。

午後新宿で通信会社の登壇打ち合わせ。その後千葉に戻り研究開発会社の懇親会。夜横浜に戻る。

■水曜

新宿の会社へ。企画書を作成して東京の商社にプレゼン。その後門前仲町のcafe&barマレーゴの6周年に駆けつける。現職場で共に戦ったメンバー9名と夜遅くまで談話。私にとっては営業とは、仕事とはを教えていただいた思い出のある店だけに、成長実感と新たな課題が発見できた一日だった。

■木曜

赤坂へ。有名小売の育成施策を打ち合わせ。昼食にチームや個人についてメンバーと意見交換。その後豊洲へ移動し、通信小売の緊急性の高い組織開発案件の打ち合わせ。電鉄系フラワーショップにて実績がある「関係の質から始める救急組織開発のアプローチ」でご提案の機会をいただく。夜新宿の会社にて販社の提案に向けた会議。

■金曜

東京にて大手小売の育成について打ち合わせ。内製研修で、2階級上のマネジャーに向けてマネジメント研修を行うという相談。論点の整理と基本フレームの提供を行う。



【「働いたら負け」だと思っていた頃;門前仲町のマレーゴさんから教えてもらったこと】


私がリクルートで営業として働き始めた頃、正直に「働いたら負け」だと思っていました。

できるだけかける労力は少なく、実入りは多く、それが理想だと思っていました。

要するに、「寝ている間に儲かる」を目指していました。


だから初心者営業マンとして飛び込み営業をしても全く成果が出ません。

それどころか「もう二度と来るな」と、出入り禁止になる先が1件ずつ増えていきました。

2013年の門前仲町で、私の目標は1日30件飛び込みをして5件アポをとるというものでした。営業の基礎を鍛えていました。


実際にはアポよりも出入り禁止先ばかりが増えました。

「こんなことをやっていて何になるんだろう?」

「自分の給料分も稼げていない。自分は会社にいる意味があるんだろうか?」

そんな矛盾や違和感に悩みました。いつしかカフェで時間を潰す(さぼる)ことが日常化しました。


そのカフェがマレーゴでした。マレーゴは2013年9月にオープンした、いわば門前仲町における「同期」でした。


サーフィンが好きで、出来ることなら年中海に居たいマスターに共感しました。

毎日様々な違和感や夢を話し合いました。

正確には聞いてもらって、諭してもらいました。

そこで今の仕事感にもつながる話をしてもらいました。


「もらうことばかり考えたら人は離れていく。与えることを考えると人が増える。それが仕事。」


実際にマスターは24時に店を閉め、朝6時には店の前の境内を掃き掃除して道行く人に挨拶をしているとのこと。

それは厳しい下町で商売人としてやっていくために、必要な「与える」でした。

周囲の店主から認められ、評判は地元の常連客にも拡がり、いつしかいつ行ってもお客さんで賑わう店になっていました。


その言葉からヒントを貰い、私なりに「与える」ことを考えました。

門前仲町の人の流れをマップにし、定期的に新聞を作って飛び込み営業に使いました。

あっという間に受注が増えました。

同じ頃、異動の辞令が出ました。門前仲町とはお別れです。


2014年2月。大雪の降る日に門前仲町担当としては最後のコーヒーをいただきました。

マスターから「らしくやっておいで。迷ったらいつでも戻っておいで。」と熱く握手をもらいました。

雪で見えなくなるまで、店外で手を降って見送ってもらったのを覚えています。


それから毎年、大切な仲間を連れてマレーゴに恩返しに来ています。

今年は「体調に気をつけなさい。仕事をもっと部下に振りなさい」と怒られました。

表情だけですべて見破られました。何も言い訳できません。

まだまだマレーゴさんから「もらって」ばかりです。


マレーゴ (Mareego)

https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13165225/



11回の閲覧

©2019 by FLAPS life×work office